効果的な衛生管理者試験の勉強方法とは?


衛生管理者のような仕事に直結した資格は仕事のスキルアップでは非常に大切な資格です。しかし、働きながら資格を取得するということは非常に負担の大きなものです。

衛生管理者資格の試験勉強を効率的に行なう勉強方法と試験対策についてご紹介します。

衛生管理者とは?

資格試験を受験する際には、資格の詳細を知るということが非常に大切です。資格試験が「どのような人材を育成するために行なわれているのか?」ということを知ることは試験取得には大切な心掛けです。

衛生管理者は事業場(工場や事務所、店舗など)の衛生管理を行なうための “国家資格”です。衛生的な労働環境を管理し、労働災害の防止や快適な職場環境を実現する人材を育成するために衛生管理者という資格があります。

衛生管理者の重要性は企業でも認識されており、管理職には必ず衛生管理者試験を受けさせるという企業もあるほど注目を集めている資格です。

衛生管理者試験の試験科目

衛生管理者には“第一種衛生管理”“第二種衛生管理”“衛生工学衛生管理者”の3種類があります。一般的に衛生管理者試験というと、第一種衛生管理者、第二種衛生管理者を指します。

衛生管理試験の試験科目は以下の通りです。

【第一種衛生管理試験】

  • 労働衛生17問
  • 関係法令17問
  • 労働正理10問

【第二種衛生管理試験】

  • 労働衛生10問
  • 関係法令10問
  • 労働正理10問

第一種は第二種の上級資格であるため基本的な出題範囲は同じですが、第二種では有害業務に係わる問題は出題されません。

衛生管理試験には「特例第一種衛生管理者」という試験もあり、既に第二種衛生管理者免許を所持している受けられる衛生管理者試験です。
特例第一種衛星管理者試験は有害業務に係わる問題のみが労働衛生、関係法令の各10問が出題されます。

衛生管理者試験の勉強方法

衛生管理者試験の勉強は通常の資格試験同様にテキストでの勉強と過去問題での勉強方法が効果的です。衛生管理者試験は比較的に出題範囲の絞られた試験なので過去問題利用して出題パターンを理解することが非常に有効です。

自己流と資格講座はどちらが効果的?

資格試験では“自己流で勉強する”、“資格講座を利用する”という二つの勉強方法があります。

衛生管理者試験ではどちらが効果的な勉強方法といえるのでしょうか?

【自己流の難しさとは?】

資格試験では過去問題の分析というのは非常に大切です。これは衛生管理者試験でも動揺で過去問題の傾向を知るということは大切です。過去問題を分析するための過去問題などは書籍、インターネットなどで入手可能なので個人的に分析するというのも可能です。

試験の分析を個人的に行なうことは可能ですが、資格試験に関する様々な知識が必要になります。自己流で衛生管理者試験を分析するというのは資格取得に向けた勉強方法としては効率の悪い方法といえるでしょう。

【資格講座は少ない勉強時間をカバーする】

資格講座では専門家によって分析された教材を使用することで、短時間で資格取得を行なえるというメリットがあります。
衛生管理者試験は働きながらの資格取得を行なわなければなりません。少ない勉強時間を効率的に行なうために資格講座は役立ちます。


衛生管理者試験を最短2日間で合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る! 30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で衛生管理者試験に合格できます。別に学習内容が辛く厳しいわけではありません。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みをお持ちの方は、ぜひ当講座の特徴をご覧ください。

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。衛生管理者の資格取得するために苦労して勉強する必要はありません。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

最短合格の秘密はコチラ

業界初!安心のトリプル保証付き
1.全額返金保証
2.合格するまで教材無料
3.長期破損保障
※詳しくは『トリプル保証』のページをご覧ください。