第一種と第二種衛生管理者の違いは? 試験科目や難易度などを解説!

50人以上のすべての事業場では、衛生管理者を設置する義務があります。衛生管理者には第一種と第二種衛生管理者があるのですが、どのような違いがあるのでしょうか? 以下の視点から紹介したいと思います。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の試験概要
  3. 衛生管理者試験について(試験科目・学習時間・難易度・受験者数)
  4. あなたの事業場には第一種と第二種どちらが必要?
  5. 衛生管理者免許取得のための勉強法
  6. よくある質問
  7. まとめ

1.衛生管理者の基礎知識

この項では、衛生管理者とはどのような資格か、ということを解説します。取得するとどのような職務を行うことができるのでしょうか?

1-1.衛生管理者の定義

衛生管理者とは、職場の従業員が健康的に働き続けることができるように職場環境を整えることを職務とする資格です。職種を問わず、50名以上の従業員が所属している事業所では選任が義務づけられています。

衛生管理者には一種と二種があり、一種はすべての職場で衛生管理を行うことが可能です。二種は、小売業など危険な仕事が少ない職場で衛生管理を行うことができます。

1-2.衛生管理者の仕事

衛生管理者は、最低でも週に1回は職場巡視を行い、職場の環境をチェックしたり従業員の相談に乗ったりします。また、健康診断の実施準備や告知・結果の管理なども重要な仕事です。2016年からは衛生管理者の選任が義務づけられている職場では、ストレスチェックが義務化されました。それらの告知や実施の補助も仕事になります。

この他、衛生委員会(安全衛生委員会)の設置や、産業医と従業員の橋渡しなども仕事の一つです。

1-3.資格取得のメリット

衛生管理者は、大企業ほど需要の多い資格です。取得しておけば転職などに役立ちます。また、衛生管理の資格は一般的に衛生管理の経験がないと取得できませんので、知識の証明にも役立つのです。


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?