転職・就職に備えて資格を取得したいと考えている人は多いことでしょう。資格はたくさんありますが、その中でも衛生管理者は職種問わず、50名以上の従業員が所属している事業所に選任が必要な資格です。そのため、資格取得を目指している人も多いことでしょう。その一方で、「本当に転職に役に立つのか?」と疑問に思っている人もいると思います。
今回は、衛生管理者の資格が転職などに役立つ理由や、資格取得の方法を紹介しましょう。

  1. 衛生管理者とはどのような資格?
  2. 衛生管理者の資格が転職に役に立つって本当?
  3. 衛生管理者の資格取得方法
  4. 衛生管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者試験の勉強のコツなどもよく分かるでしょう。転職に有利となる資格を知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。
続きを読む


衛生管理者とは、従業員が健康かつ衛生的に仕事ができるよう、職場環境を整える職務を担うための国家資格です。職種を問わず、50名以上の従業員が所属している事業所には選任が義務づけられているため、取得すれば転職などに役立ちます。資格取得を目指して勉強に励んでいる人もいるでしょう。一方、事業所の中には「衛⽣管理者の数が足りないので、2つの事業所で兼務してほしい」と考えているところもあると思います。そんなことはできるのでしょうか?
そこで、今回は衛生管理者の選任条件について解説します。

  1. 衛生管理者の選任条件とは?
  2. 衛生管理者が兼務を認められる条件
  3. 衛生管理者の資格取得方法
  4. 衛生管理者の兼務に関するよくある質問

選任条件を詳しく知ることができれば、不測の事態が起きたときも対応に悩むことはありません。衛生管理者の選任条件を詳しく知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生工学衛生管理者とは、有害ガスや蒸気・粉じんなど健康に悪影響を与える因子が発生する職場で、衛生管理の仕事を行うことができる資格です。第一種衛生管理者の有資格者の場合は、4日間の講習を受講すれば取得できます。しかし、「衛生管理者と衛生工学衛生管理者の違いがよく分からない」という人もいるでしょう。
そこで、今回は衛生管理者と衛生工学衛生管理者の違いを解説します。

  1. 衛生工学衛生管理者と衛生管理者の違いは何?
  2. 衛生管理者・衛生工学衛生管理者を取得する方法
  3. 衛生管理者や衛生工学衛生管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、2つの違いや衛生工学衛生管理者の資格取得の方法などがよく分かるはずです。衛生管理者の資格取得を目指す方や、衛生工学衛生管理者に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者とは、従業員が健康かつ衛生的に仕事ができるよう、職場環境を整える職務を担うための国家資格です。職種問わず、従業員が50名以上所属している事業所には必ず選任が必要なため、転職にも役立ちます。資格取得を目指していたり、会社から取得を命じられて勉強をがんばっている人も多いことでしょう。
今回は、衛生管理者試験の受験に必要な「事業者証明書」のことを中心に、衛生管理者の職務内容や取得方法などを解説しましょう。

  1. 事業者証明書の基礎知識
  2. 事業者証明書の作成方法
  3. 衛生管理者の事業者証明書に関するよくある質問

この記事を読めば、事業者証明書の書き方もよく分かります。衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


有害業務とは、文字どおり体に害のある業務の総称です。安全上の理由から業務に就ける年齢や性別が限られており、健康を損なわないための対策や教育も必要となります。そのため、安全管理や衛生管理も一般的な業務よりも厳重に行うことが大切です。
今回は有害業務の定義や決まりごと、教育などについて解説します。

  1. 有害業務とは何か
  2. 有害業務従事者に関する規定
  3. 有害業務に関するよくある質問

この記事を読めば、有害業務に就くための条件や会社が行う対策などもよく分かるでしょう。安全管理者や衛生管理者はぜひ読んでみてください。

続きを読む


安全衛生委員会とは、労働者の健康や安全を守るための措置に対して、労働者の意見を反映させるための組織です。そのため、衛生管理者や安全管理者だけでなく、労働者の中から委員を選出する必要があります。また、「委員会の議題がなかなか決まらず、悩んでいる」ということもあるでしょう。
今回は、安全衛生委員会の仕組みや議題、選任義務などについて解説します。

  1. 安全衛生委員会の基礎知識
  2. 安全衛生委員会の運営について
  3. 安全衛生委員会に関するよくある質問

この記事を読めば、安全衛生委員会の役割についてもよく分かることでしょう。衛生管理者や安全管理者に選任された人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


職場巡視は、衛⽣管理者の重要な仕事の1つです。週に1回職場巡視を行うことにより、事故防止や職場の問題を見つけ、改善するきっかけをつかむことができるでしょう。その一方で、「職場巡視がおざなりになってしまいがち」「職場巡視の際、気をつけるポイントがよく分からない」などの悩みを抱えている人もいると思います。

そこで今回は、職場巡視を行う理由や、実施する際に注目すべきポイントを解説しましょう。

  1. 職場巡視とは何か?
  2. 職場巡視を行うメリットや目的
  3. 職場巡視を効果的に行う方法
  4. 衛生管理者の職場巡視に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、職場巡視の際に気をつけることなどもよく分かります。衛生管理者を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者は国家資格の1つで、労働環境・労働条件の改善や、従業員の健康状態を管理する大切な役割を担っています。工場・事業場などで職務を的確に行い、安全衛生水準の向上を図るためには、衛⽣管理者自身も必要な教育を受けなければなりません。衛⽣管理者の資格取得後に受ける教育を、「能⼒向上教育」といいます。では、具体的にどんなときにどんな教育を受けるのでしょうか。本記事では、衛⽣管理者の能力向上教育について解説します。

  1. 衛⽣管理者の基礎知識
  2. 衛⽣管理者の能力向上教育とは?
  3. 衛⽣管理者の能力向上教育の内容
  4. 能力向上教育を受ける方法は?
  5. 衛⽣管理者に関してよくある質問

この記事を読むことで、衛⽣管理者の能力向上教育について詳しく知ることができます。気になっている方や資格取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。

続きを読む


「衛生管理者」は、工場などで働く労働者の安全や衛生を守る大切な役割を担っています。常時50人以上の労働者がいる事業者は、必ず衛生管理者を選任しなければなりません。衛生管理者の主な仕事は、工場の安全・衛生を守ることですが、資格種類によって働く事業場の業種と取り扱い範囲が異なります。では、工場・製造業における衛生管理者は、どのような仕事をするのでしょうか。本記事では、工場・製造業における衛生管理者の基礎知識と資格内容について解説します。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 工場・製造業における衛生管理者は?
  3. 工場・製造業における衛生管理者の職務
  4. 衛生管理者の資格を解説!
  5. 衛生管理者に関してよくある質問

この記事を読むことで、工場・製造業における衛生管理者の役割や、資格内容が分かります。知りたい方はぜひチェックしてください。

続きを読む


衛生管理者は、労働者の健康障害防止を目的とし、職場の衛生全般を管理する人のことです。常時50人以上の労働者が働いている事業所では、労働者の人数に応じて一定数以上の衛生管理者を選任しなければなりません。衛生管理者は国家資格の1種なので、試験に合格することが必要となります。遠方にいる方にとっては試験会場まで足を運ぶのが大変に感じますが、出張試験も利用可能です。そこで、本記事では、衛生管理者の基礎知識・試験内容・出張試験について解説します。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の試験について
  3. 衛生管理者の出張試験について
  4. 衛生管理者に関してよくある質問

この記事を読むことで、衛生管理者の資格取得に必要な情報と、出張試験について分かります。受験を考えている方はぜひ参考にしてください。

続きを読む


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?