労働者は、衛生的かつ健康的に仕事を行う権利があります。衛生管理者とは、そのために職場環境を整える仕事を担うことができる国家資格です。職種に関係なく従業員が50名以上所属している職場には選任が必要なため、資格を取得すれば転職にも有利でしょう。さて、衛生管理者を新しく選任した場合、最寄りの労働基準監督署に選任報告をする必要があります。
今回は、専任報告の届出方法を中心に、衛生管理者の取得方法などを解説しましょう。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の選任義務について
  3. 衛生管理者の選任報告について
  4. 衛生管理者の選任報告に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、衛生管理者を選任した後に必要な手続きがよく分かります。衛生管理者の資格取得を目指している人はぜひ、読んでみてくださいね。

続きを読む


寒さが本格的な季節がやってきました。これから春になるまで流行する病気といえば、インフルエンザです。インフルエンザは咳やくしゃみから感染するため、職場に感染者が1人出ると集団感染が起こる可能性があります。そこで、インフルエンザを発症したら、出勤停止になる職場も多いのです。では、出勤停止の基準や期間はどのくらいなのでしょうか?
そこで、今回はインフルエンザを発症した際の出勤停止について解説します。

  1. インフルエンザの基礎知識
  2. インフルエンザと出勤停止について
  3. インフルエンザによる出勤停止に関するよくある質問
  4. おわりに

この記事を読めば、インフルエンザの予防や治療に関することもよく分かることでしょう。興味がある人はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者とは、従業員が衛生的かつ健康的に働けるように職場環境を整える仕事ができる資格です。職種に関わらず従業員が50名以上所属している職場には、有資格者の選任が義務づけられています。また、資格を取得すれば職場手当が付くところも多いので、取得を目指す人もたくさんいることでしょう。
今回は、衛生管理者の資格について資格手当の相場を中心に解説します。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の資格手当について
  3. 衛生管理者の資格取得方法
  4. 衛生管理者や資格手当に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、衛生管理者を取得するメリットもよく分かることでしょう。衛生管理者の資格取得を目指す人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


有利な条件で転職するために何か資格を取得したい、と考えている人は多いことでしょう。資格はたくさんありますが、転職に有利な資格となると、限られています。中でも、資格を取得するために一定の実務経験が必要な資格は、技術や経験の証明にもなるため、転職に有利です。
そこで、今回はこのような資格のうち、衛生管理者の転職事情について解説しましょう。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の資格が転職に有利な理由
  3. 衛生管理者の試験について
  4. 衛生管理者や転職に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格取得方法もよく分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者とは、労働者が衛生的かつ健康に働けるように職場環境を整える職務を担うための国家資格です。職種を問わず50名以上の従業員が所属している事業所には選任義務が生じるので、事業拡大によって従業員が増えて選任義務が生じ、資格を取得するようにすすめられる人もいるでしょう。また、衛生管理の仕事をしている人の中には、資格を取得してキャリアアップに役立てたいという人もいると思います。
そこで、今回は衛生管理者の資格取得方法や、勉強時間の目安を解説しましょう。

  1. 衛生管理者とはどのような資格?
  2. 衛生管理者の資格取得方法
  3. 試験に合格するための勉強時間について
  4. 衛生管理者の勉強時間に関するよくある質問

この記事を読めば、効率的な勉強方法なども分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


労働衛生とは、労働者が健康を損なうことなく衛生的に仕事を行うことができるように、職場環境や労働条件を整えることです。従業員が50名以上所属している事業所では、労働衛生の職務を行う衛生管理者の選任が義務づけられています。衛生管理者の資格を取得するには、一定期間、労働衛生の実務経験が必要です。では、どのような職務が労働衛生の実務に該当するのでしょうか?
そこで、今回は労働衛生の実務とはどのようなものかを解説します。

  1. 労働衛生の基礎知識
  2. 労働衛生の実務とは何か?
  3. 衛生管理者の資格を取得する方法
  4. 労働衛生の実務に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格取得を目指す場合、どのような職務を行えばよいのかも分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


事務所とは、事業所において多数の労働者が仕事を行う場所を指します。そのため、労働者が安全かつ衛生的に仕事を行うことができるよう、 労働安全衛生法に基づく 事務所衛生基準規則が定められており、事業者はその規則を遵守しなければなりません。しかし、遵守するために必要なことが、よく分からないという人も多いでしょう。
そこで、今回は 事務所衛生基準規則を守るために必要な、環境測定の義務について解説します。

  1. 事務所の環境測定とは?
  2. 建物の種類による環境測定基準
  3. 環境測定を行う人とは?
  4. 職場環境を整える職務を行える資格について
  5. 事務所の環境測定に対するよくある質問

この記事を読めば、事務所の環境を整える大切さもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


作業主任者は、労働安全衛生法と関連法令によって定められた、労働災害防止のための資格です。事業場や工事現場で起こり得る労働災害を予測し、防止するために必要な管理を行います。作業者が安心して仕事を行うためには、必要不可欠な存在です。作業主任者にはさまざまな資格種類があり、それぞれ特徴や仕事内容が異なるので把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、作業主任者の基礎知識や選任・メリット・種類について説明します。

  1. 作業主任者の基礎知識
  2. 作業主任者の選任について
  3. 作業主任者のメリット
  4. 作業主任者の種類
  5. 作業主任者に関してよくある質

この記事を読むことで、作業主任者の種類について分かり、資格試験に向けて準備を整えることができます。受験を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


特定化学物質とは、労働安全衛生法によって指定された健康被害を起こす可能性の高い化学物質の総称です。第1類~第3類に分類されており、製造や取り扱いを行う事業所では、特定化学物質作業主任者が作業方法などの指導を行います。特定化学物質を扱っている工場に勤務している人の中には、作業主任者の資格を取得するように求められている人もいるでしょう。
そこで、今回は特定化学物質や特定化学作業主任者について解説します。

  1. 特定化学物質の定義
  2. 特定化学物質の取り扱いにかんする資格について
  3. 特定化学物質に対するよくある質問
  4. おわりに

この記事を読めば、特定化学物質の種類や作業主任者の取得方法もバッチリ分かるでしょう。特定化学物質作業主任者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


有機溶剤は引火性のある液体であり、取り扱いには正しい知識が必要です。また、有機溶剤中毒予防規則によって、厳重な管理が求められています。有機溶剤を安全に使用するためには、関連知識を身に付け、正しく管理できる人材が必要なのです。そこで、今回は、有機溶剤中毒予防規則について詳しく解説します。関連資格の取得方法も解説するので必見ですよ。

  1. 有機溶剤とは
  2. 有機溶剤中毒予防規則とは
  3. 有機溶剤中毒予防規則の内容を学ぼう
  4. 有機溶剤中毒予防規則に関連する資格について
  5. 有機溶剤中毒予防規則に関するよくある質問

この記事を読むことで、有機溶剤中毒予防規則に関する理解が深まり、関連資格の取得方法もわかります。ぜひ、記事をじっくり読んでください。

続きを読む


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?