店社安全衛生管理者の選任基準や仕事内容とは? 資格は必要なの?

店社安全衛生管理者とは、安全に仕事をすることが難しい建設現場のうち、少人数で仕事を行う場所で選任が必要です。建設現場は事故など労働災害が起こりやすい職場ですので、就業している人数が少なくても、安全衛生を管理する者が必要になります。

今回は、店社安全衛生管理者の仕事内容や選任条件をご紹介しましょう。

  1. 店社安全衛生管理者について
  2. 店社安全衛生管理者の仕事内容
  3. 店社安全衛生管理者に選任される方法
  4. 店社安全衛生管理者に対するよくある質問

この記事を読めば、建設現場での安全衛生管理の大切さもよく分かりますよ。建設現場で働いているという方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


安全配慮義務はどこが負うの? 労働安全衛生法との関わりは?

安全配慮義務とは、会社が従業員が安全かつ衛生的に働くことができるように職場環境を整える義務のことです。労働災害が起こったとき、安全配慮義務を怠っていると判断されれば、企業は多額の賠償金を払わなくてはならないこともあります。安全配慮義務というと、事故防止のための対策をイメージする方も多いですが、近年では従業員の精神的な負担にならないような働き方も、安全配慮義務の一環として重要視されているのです。

そこで、今回は安全配慮義務が企業側にある根拠や職場で行う活動、違反した場合の罰則などをご紹介しましょう。

  1. 安全配慮義務の基礎知識
  2. 安全配慮義務の内容について
  3. 安全配慮義務に違反すると?
  4. 安全配慮義務の課題について
  5. 安全配慮義務に対するよくある質問

この記事を読めば、職場環境を整備する大切さも分かりますよ。職場の安全衛生に関係する職務に就いている方や、衛生管理者を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


福祉施設における衛生管理者の役割とは? 職務の最低基準はあるの?

福祉施設とは、子どもや高齢者・障碍者に福祉サービスを提供する施設の総称です。一昔前までは児童福祉施設や障碍者福祉施設が多かったのですが、近年では高齢者福祉施設が毎年のように増加しています。それに伴い、福祉施設で働く人々も増えてきて、労災も増加傾向にあるのです。

そこで、今回は福祉施設における衛生管理の重要性や、労災防止のために行うことなどを解説します。

  1. 福祉施設って何?
  2. 福祉施設における衛生管理とは
  3. 衛生管理者の資格を取得する方法
  4. 福祉施設の衛生管理に対するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理の大切さもよく分かることでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


労働災害の防止はどのように行えばいいのか? 法律・職務・方法は?

労働災害とは、勤務中や通勤中に起こったケガ・疾病・障害・死亡などの総称です。労働者は、誰もが安全で衛生的に仕事を行う義務があり、仕事が原因でケガや疾病などが起こった場合は、速やかに対処をして予防策を取らなくてはなりません。技術の進歩により、危険な労働が原因で発生するケガや疾病は減少傾向にあります。その一方で、長時間勤務やパワハラなどの過重労働が原因で起こる労災は増加傾向にあり、対策が急がれている問題です。

そこで、今回は労働災害を防止する方法や、予防対策などをご紹介しましょう。

  1. 労働災害の基礎知識
  2. 労働災害を防止する取り組み
  3. 衛生管理者や安全管理者について
  4. 労働災害防止に関するよくある質問

この記事を読めば、労災防止の大切さや労災を予防する対策方法なども分かりますよ。

続きを読む


労働衛生管理の大切さとは? 衛生管理者の職務内容と共に解説します。

労働衛生とは、労働者が健康に働き続けられるように作業環境や労働条件を整えることです。一定数以上の従業員が所属している職場には、労働衛生を管理するために、衛生管理者や安全管理者・産業医などの選任が義務づけられています。「工場など危険が伴う作業ならともかく、オフィスワークに労働衛生管理が必要なのか?」と思う方もいるかもしれません。しかし、どのような職場でも働き方や職場環境によっては、従業員の健康を損ねる恐れがあります。

そこで、今回は労働衛生やその管理の仕方についてご紹介しましょう。

  1. 労働衛生管理の基礎知識
  2. 労働衛生管理の内容とは?
  3. 衛生管理者の仕事や資格取得方法
  4. 労働衛生管理に関するよくある質問

この記事を読めば、労働衛生管理の大切さも分かりますよ。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者が心理相談員の資格を取る方法とは?利点と共に解説します。

近年、長時間労働などの過重労働によって心身の健康を崩しかけている方や、職場環境の変化などに対応しきれず、精神状態が不安定になっている方が増えています。心理相談員とは、そんな方々の相談に乗り、職場における心と体の健康づくりのための仕事を行う民間資格です。

今回は、心理相談員の資格を取得する方法をご紹介しましょう。

  1. 心理相談員に関する基礎知識
  2. 心理相談員の資格を取得する方法
  3. 心理相談員の働き方
  4. 心理相談員に関するよくある質問

この記事を読めば、心理相談員になる方法がよく分かります。衛生管理者の方で心理相談員の資格に興味がある方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.心理相談員に関する基礎知識

はじめに、心理相談員が行う仕事や、取得するための方法をご紹介します。どのような資格なのでしょうか?

1-1.心理相談員とは?

心理相談員とは、厚生労働省が認可している「特別民間法人中央労働災害防止協会」が作った民間の資格です。技術の進歩により、仕事が原因のケガや病気は少なくなりました。その反面、前述したような長時間労働やパワハラ・職場環境の変化などで、心の健康を損ねる方が増えています。
心理相談員は、職場での心の健康を保つために、従業員の相談に乗ったりカウンセリングを行ったりするのが主な仕事です。また、身体の健康を保つための講習などを行うこともできます。

衛生管理者や産業カウンセラーが仕事の幅を広げるために取得することも多く、会社が取得を推奨することもあるでしょう。

1-2.衛生管理者との違いは何?

衛生管理者は、従業員が健康で仕事が行えるように職場環境を整える仕事を行う資格です。職種に関係なく従業員が50人以上所属している職場には、選任が義務づけられています。衛生管理者が行う仕事は、体の健康だけでなく、心の健康を保つためのものでもあるのです。しかし、メンタルヘルス対策の知識を持つ衛生管理者は多くありません。

心理相談員は、メンタルヘルス対策やストレス対策・リラクゼーションの方法などの知識をもちいて、カウンセリングや心の悩み相談などを行うことができます。衛生管理者が心理相談員の資格を取得すれば、仕事の幅も広がることでしょう。

1-3.心理相談員の重要性

体の不調と異なり、心の不調は自分でも気づきにくいものです。また、50代・60代の方は若い年代の人々に比べると、「精神を患うのは恥ずかしいこと」と考えがちな傾向にあります。そのため、精神の不調を感じてもなかなか周りに相談することができず、周囲が異変に気づいた時には病状がかなり進行していた、ということもあるでしょう。誰もが気軽に心身の不調を相談できる窓口があれば、仕事が原因で発症する精神の病気を未然に防ぐこともできます。会社としても、貴重な人材が失われずにすむので、メリットは大きいでしょう。

2.心理相談員の資格を取得する方法

この項では、心理相談員の資格を取得する方法を紹介します。どのような方法があるのでしょうか?

2-1.心理相談員になるには

心理相談員の資格を取得するには、中央労働災害防止協会が主催する研修を受講し、修了すれば取得できます。研修期間は3日間で、費用は賛助会員が42,170円、一般会員が47,310円です。研修は東京・大阪・名古屋などで開催されます。詳しい開催地や開催日は協会のホームページを確認してください。

2-2.研修を受講できる資格とは

心理相談員の資格を取得できる研修に参加するためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 大学で心理系(認証心理士取得可能レベル)・精神福祉系・保健系の学部を卒業した人(原則は4年制、短大は不可)
  • 運動指導専門研修またはヘルスケア・トレーナー養成研修を修了した人
  • 保健師
  • 看護師の資格を取得し、健康に関する相談や面接を1年以上行った経験がある人
  • 衛生管理者の資格を取得し、健康に関する相談や面接を3年以上行った経験がある人
  • 労働衛生コンサルタントの資格を取得し、健康に関する相談や面接を2年以上行った経験がある人
  • 精神保健福祉士・臨床心理士・産業カウンセラーなど

2-3.研修の内容

心理相談員の研修では、メンタルヘルスの基礎知識や心身医学・精神医学の基礎・メンタルヘルス技法(面接のやり方やリラクゼーションの方法など)を、学びます。最終日には実企業の事例をもとに事例検討を行ったり、活躍している心理相談員の活動実績の報告などを聞いたりして、研修修了です。その後、協会への登録を行えば心理相談員として活動ができます。

2-4.資格の更新について

心理相談員は、3年ごとに更新が必要です。ただ登録をやり直すだけでなく、3年の間にレベルアップ研修を6単位受講しなくてはなりません。レベルアップ研修とは、健康保持増進の知識や技能の向上を目的に行われる研修であり、中央労働災害防止協会のホームページから研修内容や単位数を確認できます。心理相談員の資格を取得した場合は、必ず目を通しておきましょう。資格の更新は遅れても行うことができますが、更新をしなければその時点で資格は効力を失います。一度登録をしたら更新を忘れずに行いましょう。

3.心理相談員の働き方

心理相談員の資格を取得した方は、会社で心身の相談を行う窓口などで働くのが一般的です。衛生管理者や産業カウンセラーが資格を取得した場合は、前述したように仕事の幅が広がります。
また、ストレスチェックの結果に基づいて相談にきた従業員の、カウンセリングなども行うことができるでしょう。職場によっては、ストレスを和らげる方法などメンタルヘルス教育を行うこともあります。
資格手当がつくこともありますし、心理相談員が常駐していると分かるだけで従業員が安心して働けるようになることもあるでしょう。

衛生管理者が心理相談員の資格を取得すれば、ストレスチェックの結果をもとにした相談会などを行えます。また、ストレスをためない方法などの勉強会などを開くこともできるでしょう。また、衛生管理者は基本的に会社が直接雇用します。そのため、衛生管理者と心理相談員の資格を両方取得すれば、正社員にも登用されやすくなるでしょう。

4.心理相談員に関するよくある質問

Q.心理相談員になるには試験などはないのですか?
A.ありません。講習会に参加して修了すれば取得できます。

Q.心理相談員はどこまで相談に乗れるのでしょうか?
A.労働者が抱える漠然とした不安感や、ストレス解消の方法などの相談に乗ることができます。眠れない・食欲不振・マイナス思考にとらわれやすく、時として死を考える、などの症状が出ている場合は、精神科の受診をすすめてください。

Q.心理相談員になると転職などには有利でしょうか?
A.社員の心のケアに力を入れている企業も増えてきましたので、有利に働くこともあります。

Q.心理相談員に相談したことが会社にばれることはないのでしょうか?
A.守秘義務がありますので、安心してください。

Q.心理相談員は男女どちら向けの資格でしょうか?
A.向き不向きはありませんが、理想は男女両方の心理相談員が職場に常駐していることです。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は心理相談員の資格を取得する方法などを中心に解説しました。現在は、労働者の心の健康を保つ重要性への理解が広がってきています。今後も心理相談員の需要は高まっていくことでしょう。取得しておくと役に立つ資格です。講習を受講する資格がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。


衛生管理者を外部委託することは可能? 条件や方法を徹底解説します!

衛生管理者は、職種を問わず従業員が50名以上所属している職場には、必ず選任が義務づけられている資格です。大企業ほど需要が高く、有資格者の確保に苦労している事業所もあるかもしれません。中には、「派遣社員を衛生管理者に選任したい」と思っているところもあることでしょう。

そこで、今回は衛生管理者の外部委託についてご紹介します。

  1. 衛生管理者の基礎知識
  2. 衛生管理者の委託について
  3. 衛生管理者を自社の社員以外から選任する方法
  4. 衛生管理者の外部委託に関するよくある質問

この記事を読めば、衛生管理者の資格を生かして働く方法も分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


職場に救急用具の設置義務があるって本当? 設置方法などを解説します。

救急用具とは、職場でケガ人や急病人が出た際に、応急手当をするための用具です。包帯や消毒薬・傷薬などがあります。職場には、労働安全衛生規則で救急用具の設置が義務づけられているのです。しかし、何を設置してよいか悩んでいる方はいませんか?

そこで、今回は職場に設置する救急用具について解説しましょう。

  1. 救急用具に関する基礎知識
  2. 救急用具の設置方法について
  3. 救急用具を購入する方法
  4. 救急用具に関するよくある質問

この記事を読めば、救急用具の設置方法や管理方法がよく分かります。職場の衛生管理や安全管理を行っている方は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む


労働者の健康管理とはどのようなことを行うの? 重要性と共に徹底解説

労働者は、安全で衛生的な環境で仕事を行う権利があり、経営者は安全で衛生的な職場環境を整える義務があります。技術の進歩により、職場でのケガや有害物質が原因で発症する病気などは少なくなりました。その反面、長時間労働やパワハラが原因の健康被害や、精神の不調は増えています。

今回は、労働者の健康管理を行う重要性や、社員の健康管理を担う職務について解説しましょう。

  1. 労働者の健康管理とは?
  2. 労働者の健康管理を行う職務について
  3. 労働者の健康管理に関するよくある質問

この記事を読めば、職場の環境改善や労働者の健康管理の重要性がよく分かります。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


労働安全衛生法違反の罰則は? 注意すべきポイントを解説

労働安全衛生法とは、労働者が安全に衛生的に仕事ができることを目的に作られた法律です。もともとは労働基準法の一部でしたが、1972年に独立しました。衛生管理者や産業医の選任も、この法律に基づいて行われています。労働基準法に比べると知名度が低い労働安全衛生法ですが、労働災害を防ぐためにもコンプライアンスが重要です。

そこで、今回は労働安全衛生法に違反した場合の罰則についてご紹介します。

  1. 労働安全衛生法とは?
  2. 設置・選任・実施が義務づけられていること
  3. 労働安全衛生法に違反した場合の罰則は?
  4. 衛生管理者になるための方法
  5. 労働安全衛生法違反に関するよくある質問

この記事を読めば罰則だけでなく、労働安全衛生法が制定された目的や内容などもよく分かるでしょう。衛生管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


衛生管理者試験に最短2日で合格する方法は?